部品の試作に最適な木型での鋳造|職人の技術が光る精密機械加工

メンズ

安く排水処理ができる

水

食品加工工場や機械製品の製造工場など、多くの工場では業務を行う際、必ず大量の産業排水が生産されます。排水中にはたくさんの化学物質や油分が含まれているので、そのまま河川などに流すことはできません。産業排水は必ず浄化槽などで汚染物質を分離し、処理をしなければなりませんが、分離した汚染物質は処理工場などに依頼しなければならないため、処理に掛かるコストが問題となります。自社でこのような汚染物質まで浄化できれば、コスト削減によってさらに高い利益を獲得できるでしょう。格安で産業排水を浄化できる機器として、最近ではマイクロバブル発生装置が注目されています。マイクロバブルとは、髪の毛の直径よりも小さい50マイクロメートル以下の泡です。このマイクロバブルは、溶液中の油分や汚れを吸着する性質があります。汚れを吸着した泡は水面へ上昇する際の気圧差によって圧壊し、活性酸素の一種であるフリーラジカルが発生することで、汚れを分解することができるのです。特別な薬品などを使わずに、水の汚れを分解できるため、産業排水を安く処理することができます。

浄化槽で排水の処理を行なう場合、問題となるのが浄化槽内部に発生するヘドロです。排水中に含まれる物質を栄養として、たくさんの菌が繁殖するため、このヘドロは生成されてしまいます。大量のヘドロが溜まると、浄化槽でのろ過機能を下げてしまうので、定期的な清掃を行なわなければなりません。マイクロバブル発生装置を使用すれば、こうしたヘドロの問題も解決します。マイクロバブルは菌にダメージを与えるフリーラジカルを発生させるため、使用することで汚れだけでなく、ヘドロの除去と発生の抑制ができます。浄化槽の掃除を行なわずに済むので、人件費などの費用も安く抑えることができるでしょう。