部品の試作に最適な木型での鋳造|職人の技術が光る精密機械加工

科学

微調整も容易にできる

作業員

金属製品や部品などを加工する方法には、金属の型を用いたプレス加工が主流となっています。金属をプレス機で挟み込み、強い圧力を掛けることで型通りの形状に加工することができるのです。また、最近ではダイカスト加工と呼ばれる方法も注目されており、溶かした金属を金型へ高圧で吹き付けることで、スピーディーに金属加工を行なうことができるのです。しかしながら、これらの金属加工法はあくまで量産を目的とした加工法です。小ロットで限定的に作成する試作品を作る場合、これらの加工法は適さない方法となります。プレス加工やダイカスト加工は金属型を使用するので、型の形状を柔軟に変更しながら作成することはできません。試作品を作る場合、理想とする性能を得られる形状とするため、作成途中で形状を変えたいと考える場合もあるでしょう。金型での加工は、型を一から作る必要があるため、高い費用が必要となります。部品などの試作を行なう場合、木型での鋳造加工が最適です。木の型を使用すれば、表面を削るだけで型の微調整を行なうことができるため、安い価格で試作品を作ってもらえます。

木型での鋳造を依頼するとなれば、職人が手作業で型を彫ることになるので、納期まで時間が掛かるのでは、と懸念する人もいるでしょう。しかし、木型鋳造を行なう会社では専門の職人が迅速かつ精密な型加工を行なうため、きちんと納期内に依頼した部品を届けてくれます。最近では、手作業や加工機器を用いずに型を作成する会社もあります。パソコンを用いての木型樹脂を加工することもできるので、迅速に型を作ることができるのです。より早い納期で部品を作ってもらいたいなら、樹脂で型を作る会社に依頼するとよいでしょう。

水

安く排水処理ができる

工場で出される排水は、浄化槽でろ過した後に処理工場へ処分を依頼しなければならないため、高いコストがかかります。マイクロバブル発生装置を使用すれば、排水中の汚れを分解し、ヘドロの除去まで行なえるようになるので、排水処理の費用をカットできます。

もっと読む

研究

品質の高さがわかる

燃料分析を依頼することで、燃料の品質の高さを調べてもらうことができます。不純物が含まれている場合、ボイラーの炉を劣化させる原因となるため、分析を依頼する必要があります。また、燃料の扱いやすさについても分析して調べてくれます。

もっと読む

二人の男性

精巧な部品を作る職人

機械には非常に精密な部品を使用することがあります。わずかな歪みや傷がついただけで想定している機能性が失われる部品もあるため、精密な部品を製造する会社は慎重に選ぶ必要があります。精密機械加工を行なう会社では、専門の職人が機械よりも精密な部品製作を行なってくれます。

もっと読む